高宮家が家を買うまで

 

高宮 住雄さん 38才

妻: 住香さん 36才

娘: すみれちゃん 9才

年収:400万円

自己資金:50万円

 

※ 購入手順を説明する為の、架空のお話です。名前は仮名です。

家を買おうと決心する!


それまで住んでいた2DKのアパートにも不満はなかったのですが、やっぱり子供も大きくなってきたし毎月の家賃を支払っていくより、早めに住宅ローンを組んだ方がそれだけローンの支払いも早く終わるので、そろそろ家を買ってもいい頃かなと思い始めました。


最初は軽い気持ちでしたが住宅展示場を回っているうちに、奇麗な家と今の古いアパートの往復でだんだんと「家を買いたい!」という気持ちが大きくなり家族みんなで協力して「家を買おう!」と決心しました。2015年のゴールデンウィークのことでした。

家族みんなで住宅情報誌やインターネットなどで相場を調べました。家族が一致団結し、たまには喧嘩もし、今思えばたのしいレクレーションでした。

予算決める!


最初は、いろいろ理想を描いていましたが、たくさんの家を見ているうちに段々と現実的に考えることができるようになってきました。不動産の方とも親しくなり親身になって相談を聞いていただき、下見の時の注意など教えていただきました。


自己資金、住宅ローンの借入れなど不動産の方と相談し、予算はできれば2,500万、高くなっても3,000万まで。その他に家具や諸経費というところまで、まとまってより具体的に。不動産の方のアドバイスで諸経費は約200万と見積もっておく。

ついに理想の家が!


ついに見つかった候補の家、間取りは4LDK、地下鉄の駅まで自転車で行けば10分という立地。周りは住宅地なので夜でもある程度の明るさがあり子供が通学で少し遅い時間になっても安全なのではないかとこの物件に決めました。近くにはコンビニはなかったのですが、駅からの帰り道に数件あるのでまあ大丈夫かな。
物件価格も予算内の 2,600万! それに諸経費200万を加え、合計2,800万円。


心の中で決めた物件を、ちょうど子供も夏休み中だったため時間や曜日を変え何度も足を運び周りの環境を確認しに行きました。やっぱり、時間や曜日によって雰囲気って変わるんだなーと感じる一方、家族みんなで出かけて行くうちにそこに住むことをだんだんと実感してきました。

資金計画を立てる


予算内とはいえ、人生最大の買い物。きちんとローンを返済していけるか不安。家の価格の他にどんな費用がかかるかも心配でした。
手持ちの自己資金は物件金額の一部として消えていくことを考えると、月々、約7-8万くらいが限界かなと思いました。

不動産の方の話によると、一般的な傾向として、アパートから一軒家に引っ越すと光熱費が上がったり、家の修繕の為の積み立てをしたり、固定資産税を払ったりとこれまでよりも若干出費が増えるとのとこ。子供も大きくなってくると進学に伴って学費がかかるなど、将来のことも考えないといけないと教えていただきました。
確かに、今の家賃がに単にローンに変わるというだけではないことがわかりました。気付かない点まで教えていただき助かりました。

ローン仮審査と購入の申込み・正式に売買契約をする


いよいよ購入を申込むことになりました。
金融機関の仮審査を受け、ローンOKに! その後、購入の申込みをおこない数日後、正式に売買契約。ついに!という感覚。初めて支払う家の代金「手付金」。購入申込した不動産の「宅地建物取引士」という方から購入物件に関する重要事項の説明を受けます。簡単な内容ではありませんでしたが、専門用語を使わないようにしてくださりわかりやすく安心してお話を聞くことができました。
お金を払い今から新しい家での生活が始まるという思いで不安もありますが、ようやくここまで来たという達成感も感じました。もちろんこれからですが。

支払った費用
「手付金」 ¥500,000
「印紙代」 ¥10,000

ちなみに手付金¥500,000は、物件金額に充当されるそうです。なので、最後に支払う物件金額の残金は、2600万円-50万円=2550万円

ローン正式審査


銀行にてローンの正式審査を行ってもらい、正式に承認をもらいました。その後、住所を旧住所から新住所への変更となります。今まで使い慣れてきた以前の住所ともお別れでこれからはこの新しい住所が自分の住むところとなる。今思うと家を買ったという実感がすこしづつ出てきた瞬間でした。
その後、この新しい住所でローンの最終契約を結びます。

物件立会い検査


現地にて建物の説明を受け、境界線の確認をしてもらいました。新しいおもちゃを買ってもらった子供のような気分にもなりましたが、これから家族みんなで住むたいせつな場所であることを考えるとウキウキした気持ちだけではなく見守る目も真剣になってきます。
この後に火災保険に加入しました。

残金の支払い、物件の引渡し


購入契約をして約1ヶ月後。
そしていよいよ最終的な支払いとなりました。

支払った費用
「銀行ローン保証料」¥600,000
「印紙代」 ¥20,000
「銀行事務手数料」 ¥54,000
「登記費用」 ¥350,000
「固定資産税」 ¥30,000
「振込手数料」 ¥1,000
「仲介手数料」 ¥910,000
「火災保険」¥40,000
「物件残金」¥25,500,000

上記合計:2750万円はすべて住宅ローンで支払いました。

いよいよ入居!


物件の引き渡し後に「網戸」「カーテンレール」「TVアンテナ」を取り付けてもらい、いよいよ入居の準備が整いました。来週末が本格的な引越しとなりました。
ちなみに「網戸」「カーテンレール」「TVアンテナ」は合計で約20万円ほどかかるとの事でしたが、ちょうど不動産屋さんがキャンペーン中とのこともあり、サービスで取り付けてくれました。


ここまで、長いようで振り返るとあっという間でした。
「家を買おう!」と決断した日から、家族が一致して成し遂げた大仕事ですが、これからこの家での生活の始まり。私たちの生活を守ってくれる「家」に感謝しつつ仲良く暮らしていきたいと思います。